飲食店や食品スーパー、コンビニなど各事業所の電気代を削減するエコプラスワン

消費税増税、円安による原材料の高騰、電気代の値上げの動き、・・・・
会社経営を圧迫する要因ばかりで、なんとか経費を削減しなければ・・・・・
しかし、経費削減といっても、これまでに考えられることはすべてやった!。
もうこれ以上無理!と思っていませんか?

でも、まだあきらめてはいけません!

電力会社を選び、更に電気代を安くする方法があるんです。

あなたの会社が、従来の電力会社(九州電力など)との契約電力が50kw以上の場合、別の電力会社を選ぶことができます。
この「別の電力会社」のことを、「新電力」といいます。
そして、この新電力を利用することで、さらに電気代を安くすることができるんです。

新電力ってなに?

2000年の電気事業法改正で、電力供給事業への参入規制が順次撤廃され、電力会社10社以外に電力供給事業者が新規参入できるようになりました。
この事業者とは、特定規模電気事業者(新電力)といい、資源エネルギー庁で認可を受けた事業者のことをいいます。

だれでも新電力に切り替えられるの?

新電力に切り替えられる対象者は、九州電力との電力契約が50kw以上の利用者となっています。
商店、オフィス、工場、施設、学校などの事業所の方は、九州電力との契約電力をチェックしてください。
50kw以上であれば、切り替えのチャンスです。そして、経費削減のチャンスです!。

自分の会社に太陽光発電など、機器を設置しなければいけないの?

太陽光発電などの機器を設置する必要はありません。
新電力事業者は独自の発電設備を持ち発電します。発電能力も電気の質も変わりません。しかし大手の電力会社と違い、色々なコストダウンが可能なため、基本料金が大きく安くなるため、電気料金全体が安くなるのです。

独自の発電設備を持っているのなら、送電線は別に引き込む必要があるの?

新電力は、従来の九州電力の送電線網を借りて送電します。「部分電力供給」といって九州電力の発電した電気と混ぜて送電し、利用者の電気使用量の料金を新電力に支払う仕組みです。
もし、新電力の発電供給ができないときは、自動的に九州電力に切り替わりますので、安心です。

だからお客様は申請書を出すだけ、そして電気代が安くなる!!

エコプラスワンは新電力なの?

エコプラスワンは、お客様と新電力事業者との橋渡しをする仕事をします。
申請書などの作成はエコプラスワンが代わって行いますので、安心してお任せ下さい。

エコプラスワンの提携している新電力事業者は
株式会社グローバルエンジニアリング http://www.g-eng.co.jp/index.html
楽天株式会社グリーンエネルギー事業  http://energy.rakuten.co.jp/