飲食店や食品スーパー、コンビニなど各事業所の電気代を削減するエコプラスワン

電力消費の内訳で照明は、28.5%!(主要6業種平均)

資源エネルギー庁の調べによると、電力消費の内訳は、主要6業種(下表)の平均で
1位が空調で38.5%、2位が照明で28.5%となっており、この2つで実に67%を占めております。

照明が28.5%、空調に次いで2位!、これは驚くべき数値です。

 

電気代削減のために省エネ照明に取り換えを






 

家庭では、普通あまり照明の電気代については気にしていません。
しかし、事業経営では少々話が違ってきます。
それは使われている照明器具が蛍光灯だけではないからです。

居酒屋、レストランなどの飲食店やメンズやレディースなどのブティック、洋品店などでは、蛍光灯だけではなく、スポットライトとして、ハロゲン電球、ビーム電球が使われています。

 また、自動車ショールームや車検工場、倉庫などでは水銀灯が多く使われています。

これらは普通の蛍光灯などと比べかなり大きな消費電力であり、電気代がかさむ要因となっています。

 

 

同じ明るさでも電球ごとに違う消費電力と寿命

一口に電球といっても、同じ明るさでも電球ごとに消費電力と寿命はかなり異なります。
照明の目的や、求める効果性に合致するのであれば、消費電力がより小さい電球を選びましょう。

 

蛍光灯、ハロゲン球、ビーム球、水銀灯をエコLEDや無電極照明に

 蛍光灯、ハロゲン電球、ビーム電球、水銀灯を省エネのエコLEDや無電極照明に取り換えましょう。

電気代が大幅に削減されるだけではなく、寿命も長くなるため、ダブルのメリットがあります。

 

 

省エネ照明に取り換えることの電気代削減効果

 現状の電球を省エネ電球に取り換えた場合の事例を、業種別に表します。

 居酒屋 50坪
 年間営業日;365日  1日の営業時間;9時間  電気代単価;24.68円/kwh
 <現状>

蛍光灯;45w×15本
ビーム球;100w×100本

 <省エネ電球取替後>

LED;16w×15本
LED;16w×100本

  <年間削減効果>

△716,286円

 <現状年間電気代>
865,462円
 <取替後年間電気代>
149,176円
※初期投資;LED  230,000円 初年度で回収可能

 

 ブティック 30坪
 年間営業日;365日  1日の営業時間;11時間  電気代単価;24.68円/kwh
 <現状>

蛍光灯;45w×50本
ハロゲン電球;50w×60本

 <省エネ電球取替後>

LED;16w×50本
LED;16w×60本

  <年間削減効果>

△345,825円

 <現状年間電気代>
520,224円
 <取替後年間電気代>
174,399円
※初期投資;LED  220,000円 初年度で回収可能

 

 自動車ショールーム 150坪
 年間営業日;310日  1日の営業時間;12時間  電気代単価;24.68円/kwh
 <現状>

水銀灯;400w×50本

 <省エネ電球取替後>

LED;140w×50本

  <年間削減効果>

△1,193,525円

 <現状年間電気代>
1,836,192円
 <取替後年間電気代>
642,667円
※初期投資;LED  4,000,000円 4年で回収可能

 

 オフィス 30坪
 年間営業日;270日  1日の営業時間;12時間  電気代単価;24.68円/kwh
 <現状>

蛍光灯;45w×100本
(50灯×2)

 <省エネ電球取替後>

LED;22w×100本
(50灯×2)

  <年間削減効果>

△183,915円

 <現状年間電気代>
359,834円
 <取替後年間電気代>
175,919円
※初期投資;LED  300,000円 2年で回収可能

 

 車検工場 60坪
 年間営業日;310日  1日の営業時間;9時間  電気代単価;24.68円/kwh
 <現状>

水銀灯;400w×25本

 <省エネ電球取替後>

無電極照明;150w×25本

  <年間削減効果>

△430,358円

 <現状年間電気代>
688,572円
 <取替後年間電気代>
258,214円
※初期投資;無電極照明  2,000,000円 5年で回収可能

 上記のように業種によっては、投資対効果で見て、初年度から効果が出る業種もあれば、数年かかって投資を回収し効果を出すという業種もあります。

 

省エネ型照明の、寿命が長いことによる経費削減効果

省エネ型照明を導入するメリットは、上記のような、電気代削減vs投資コスト、という効果だけではありません。

従来の照明は上記の表のように、寿命が短いため、省エネ型照明よりも、取替コストが余計にかかってしまいます。

・ビーム球はLEDと比べると 寿命は1/20 取替コストは20倍
・ハロゲンはLEDと比べると 寿命は1/13 取替コストは13倍
・蛍光灯はLEDと比べると 寿命は1/5 取替コストは5倍
・水銀灯はLEDと比べると 寿命は1/3 取替コストは3倍
・水銀灯は無電極と比べると 寿命は1/5 取替コストは5倍

但し水銀灯は倉庫等で天井が高い場合があり、その場合は特別の高所作業車が必要で、そのコストは1日50,000円以上かかります。

また、水銀灯は、水銀による環境問題から世界的に使用を禁止するという、「水銀条約」が締結され、2020年より製造、及び輸出、輸入が禁止されます。(日本電球工業会)

このように事業経営においては、照明器具、電球については省エネ型照明に取り換えるということは、経費削減の面だけでなく、社会問題も含んだ、大きな課題だと思われます。

この際、照明器具・電球を、省エネ型照明に取り換えましょう。