飲食店や食品スーパー、コンビニなど各事業所の電気代を削減するエコプラスワン

空調・冷蔵・冷凍設備について

空調・冷蔵・冷凍機についてのよくある質問です。

Q:空調の室内機洗浄と室外機洗浄どちらが省エネに効果があるのですか?
A:室内機のフィルター洗浄は、主に衛生面での洗浄です。

室内で空気を吸い込み吐き出している訳ですから、きれいな方がよいに決まってますよね。
それに比べて室外機は外にあるので、衛生面への影響は大きくありませんが、省エネに直接影響があります。
室外機の洗浄で、年間平均13%の削減、夏冬の時期では、最大20%削減の効果がでることもあります。
また、コンプレッサーの稼働が減ることでコンプレッサーの長持ちにも繋がります。

 

Q:空調室外機の洗浄でどんな効果があるのですか?
A:省エネと設備の長寿命化です。

設置後5~10年経過で、省エネ効果は、年間平均13%、夏冬のピーク時では20%、設備の長寿命化は、20%~50%と言われています。
通常15年と言われている寿命が18年以上長持ちするわけです。

 

Q:電力消費量が増えている気がするのですが、地球温暖化だけのせいですか?
A:家電品は一般的にどれでも使用と共に消費電力は増大します。

空調ですと18年使用していると汚れや、機器の劣化で37%(天候が同じ条件)も消費電力が増えているとカタログ(国産一流メーカー)に記載されています。
それを最新の省エネ空調に更新すると80%の削減効果があるそうです。
照明機器ですと消費電力は5~8%程度増大、ランプの寿命は20~50%短くなり、明るさも低下します。
適当な時期、故障する前に更新することをお勧めします。

 

Q:空調の室外機を高圧洗浄機で洗っていますが、効果はありますか?
A:我々の実験ですと、泥汚れが付着している場合に数パーセントあるようです。

しかし、化学物質は除去できませんので、効果は薄いです。
「エコワンウォッシュ」では、15%という実績もあります。
更に素人が高圧洗浄することは、電気部品のところに水が浸入したりファインが曲がってしまったり、お勧めできません。

 

Q:空調の電気代っていったい全体電気代のどれいくらなの?
A:お客様の業種によってその占有率は大きく異なるようです。

電気のメーターは1つしかないので、全体の電気代の内、どれだけが空調の電気代かわかりませんね。
ここに業種ごと空調と冷蔵冷凍設備の例をあげます。

・百貨店:空調40%冷蔵冷凍5%
・総合スーパー:空調39%冷蔵冷凍10%
・コンビニ:空調16%冷蔵冷凍41%
・家電量販店:空調14%
・ホームセンター:空調27%
・宿泊施設:空調46%
・パチンコ店:空調44%
・カラオケ店:空調34%
 (※愛知県環境部資料より)